Pマークのコンサル会社を探す|ニーズにあったところを探す

有害な情報を防ぐ

2人のメンズ

未成年者がサイトやアプリを使用していえ、有害なものや違法な情報があります。保護や健全な育生をするために、一般財団法人では審査や運用監視を行っています。運用監視機構のことをEMAと呼ばれており、未成年者が安心して利用できるように、教育活動などを行う第三者機関です。EMA認定を受けた企業では、運営しているサイトやアプリがインターネット環境整備法といったフィルタリングの制限を解除することができます。EMA認定を受ける際には、ユーザー対応、基本方針、運用体制、教育や啓発の4つに分けることができ、審査や管理を行います。

モバイル会社では未成年を対象としたフィルタリング規制を導入しています。それがきっかけで、自社で運用するサイトやアプリから未成年者が閲覧できなくなりました。しかし、ですが、EMAを行うことによって、サイトやアプリは未成年者が健全に使用できるように適合しているものなのか審査してもらえます。適合した場合には、携帯会社でアクセス制限の対象外になり、EMAから認定してもらうことができます。EMAに認定されたサイトやアプリは、その後に持続的に運用監視の対象外となり、定期的に適切なものかチェックを行ってくれます。定期的にチェックをしてくれるので、使用している未成年者のユーザーは安心して利用することができます。EMA認定を受ける際には、モバイルコンテンツの審査や運用を行っている機関に、申請手続きを行うと良いでしょう。どうやって良いか分からない企業は、問い合わせて相談ができます。