Pマークのコンサル会社を探す|ニーズにあったところを探す

安全を守る

PC

ISO22000は、食品を安全に保つための体制作りに関する国際規格のことです。生産をしている農家から食卓に並ぶまでの食品に関した業務を行っている会社が、食の安全を確保するために作られました。食品に関連する会社としては、農業だけでなく、食品販売業、食品製造機械メーカー、ケータリングなどの会社がISO22000を使うことができます。この制度は、経営者が食品の安全方針を作り、従業員に周知させて徹底させます。食品に身体に悪い菌を入れない、増殖させない、異物を入れない、物質が混入しないために、活動を行います、また、ISO22000の活動を行っている会社の中には、健康管理や教育を行っているところもあるのではないでしょうか。こういった方針を作成していれば、食品の安全を守ることができます。

食品の安全性を高めるために、HACCPといった総合衛生管理製造過程といったものが政令指定されていました。これは、原材料の生産や加工、流通、料理、消費まで全ての工程に適用されます。大手の外食産業や調理施設で導入しています。しかし、このHACCPだけでは不十分ということで、ISO22000に発行されました。このISO22000が導入されることによって、危害防止や検証、監視、改善ができ全体の管理を行うことできます。こいった食品の安全性や衛生を保つことで、消費者に安心して提供することができ手にとってもらえます。ISO22000の審査を行ってもらうことで、提供した際に起こるリスクを軽減でき、消費者の信頼を得られますし、企業の価値を上げることができるでしょう。ISO22000の審査を行うことで、様々なメリットがあります。